【テレ東】『カイジ』『アカギ』福本伸行の麻雀漫画『天』、岸谷五朗主演で実写ドラマ化決定

ストラト ★ 2018/06/19(火) 09:20:23.59
『カイジ』『アカギ』『銀と金』など、ギャンブル漫画の第一人者・福本伸行氏の原点にして真骨頂とも言える麻雀漫画『天 天和通りの快男児』(竹書房)が今秋、テレビ東京で連続ドラマ化される。
主演に岸谷五朗を迎え、福本作品を民放地上波で初めてドラマ化した同局の『銀と金』(2017年)の制作スタッフが再集結する。

主人公の天貴史(てん・たかし)に扮した岸谷は「麻雀の話を連続ドラマにするって勇気があってスゴイなと思いました。監督含め、スタッフの、この作品を連ドラにしようという目論み自体がチャレンジャーだな、って思いました。でもドラマはチャレンジするから面白いんです。頑張ります」と気合十分。
果たして岸谷はどのような演技を見せるのか!?

原作の福本氏は「映像化。有難いです。あの傑作、銀と金を作ってくれたチームが、また、一肌脱いでくれるとの事。彼らなら、麻雀ドラマの面白さを、世に知らしめて頂けると、信じています! 天役の岸谷五朗さん。受けてくださり、ありがとうございました! 岸谷さんの、無頼な気配、飄々としているところ、主人公、天に被ります!これも、とても、楽しみです!! 頑張って下さい!」とエールを送る。

テレビ東京グループと、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」が本格的にタッグを組む第1弾ドラマです。
テレビ東京、BSジャパンでの放送に加え、「Paravi」での配信が決定している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180619-00000302-oric-ent

岸谷五朗主演 テレビ東京系『天 天和通りの快男児』今秋放送決定


「天」新装版1巻



続きを読む

【AKB総選挙】松井珠理奈、宮脇咲良を叱咤 「SKEの中にしかライバルはいません」→選抜メンバーで行われるフォトセッションに宮脇は欠席

影のたけし軍団ρ ★ 2018/06/16(土) 23:25:38.91
「第10回AKB48世界選抜総選挙」(別名:AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙 〜世界のセンターは誰だ?〜)の開票イベントが16日、愛知・ナゴヤドームにて開催された。
SKE48チームSKE48 Team Sの松井珠理奈は194,453票で2位に大差をつけ、悲願の1位を勝ち取った。イベント後、報道陣の取材に応じた。

「名古屋に生まれて良かった!」とトロフィーを掲げ、笑顔を咲かせた松井。ライバルと言われていたHKT48宮脇咲良が3位で、
同じグループの須田亜香里が2位と大方の予想を覆す結果となったが、須田と一騎打ちになったことを聞かれると、
「元々分かってました。SKEの中にしかライバルはいません」と即答。

選抜メンバー16人で行われるフォトセッションに宮脇は欠席。ステージでは最後に宮脇に「ライバルになってくれてありがとう」と話し、
抱きしめた場面があったが、それについて質問されると、「やっとあそこで言えました。正直言います。…全部話しますね。
今一位になったから何も怖くない。だって愛があるからここに集まってくれてる人は。感謝しか無いです。
だから本当のことを話します」と前置きし、他グループに対する本音を語りだした。

それは開票前コンサートのオープニングアクトで『10年桜』を歌ったときのこと。同曲を歌うとSKEの1期生を思い出すという松井は、
「周りを見たらオリメンがいなくて、みいちゃんはそこにはいなくてだから私がやるしかないって命をかけて全力で歌ったんです」と回顧。
「それを見て何も思わない子もいます。私のことを先輩だと思ってない子もいるから、1位になったらやっとこれで私が認めてもらえるとおもいました」と後輩への思いを打ち明けた。

そして、「再会の誓い〜♪」のフレーズのときに宮脇に「もっとちゃんと踊って」と告げたそう。
「それを言ったらさくらたんが出れなくなりました」と宮脇は頷いたが、ショックを受けてしまったことを明かした。

松井は期待をしていて宮脇の良さを認めて、好きだからこそ厳しいことをいったようで、「だから本当は私はさくらたんにでてほしい。
さくらたんはAKBに必要な存在だから。今のままじゃ来年もワンツーフィニッシュだもん」と来年の総選挙に出ない宣言をした宮脇にメッセージ。

「きっと48グループの未来は明るいと思います。だっていてもらわなきゃ困るもん、さくらたん」と宮脇に厳しいながらも愛のある言葉で叱咤した。
https://mdpr.jp/news/detail/1773552


続きを読む

【プロレス】スーパー・ストロング・マシン、引退セレモニーで告白「一つの理由は妻の死です」

シャチ ★ 2018/06/20(水) 00:38:13.67
◆新日本プロレス「KIZUNA ROAD2018」大会(19日、東京・後楽園ホール、観衆1569人) 
▽スーパー・ストロング・マシン引退記念試合60分1本勝負 〇S・S・マシン・NO69、S・S・マシン・ドン、
S・S・マシン・ジャスティス、S・S・マシン・バッファロー、S・S・マシン・エース(15分33秒 魔神風車固め)内藤哲也、
SANADA、EVIL、高橋ヒロム、BUSHI、●

 人気覆面レスラー・スーパー・ストロング・マシンがこの日を持って引退。1978年に新日に入門して以来、
40年にわたるプロレス人生に幕を下ろした。

 14年から体調不良のため、リングから離れていたベテランレスラーは、この日は名物マネジャー・将軍KY若松氏とともにグレーのスーツで登場。
レスラー人生で両目、両ヒザ、脊柱管など6度の手術を受けた体はボロボロ。この日もファイトは不可能でリング下で後輩たちのファイトを見守った。

 新日も去りゆく先輩に最高の“おもてなし”。SSマシン・NO69(田口隆祐か?)、SSマシン・ドン(中西学か?)、
SSマシン・ジャスティス(永田裕志か?)、SSマシン・バッファロー(天山広吉か?)、SSマシン・エース(棚橋弘至か?)という
5人の新日道場でコーチ役だったSSマシンの薫陶を受けた後輩レスラーたち(?)がそろって5色のコスチュームにマスクを被って登場。
内藤哲也(35)率いる「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」軍と戦った。

 リングサイドのイスに座って見守っていたマシンも最後にはエキサイト。立ち上がって場外で内藤にラリアットを決めるシーンもあった。

 試合後のセレモニーにはヒロ斎藤、垣原賢人、柴田勝頼らゆかりのレスラーが次々と花束を持って登場。1人1人にマシンは「ありがとう」と頭を下げた。

 そして、満場の「マシン」コールの中、マイクを握ると、「私のプロレス人生に全く悔いはありません。やり切ったという感じです」と涙声で絶叫したマシン。
観客も全員立ち上がっての引退テンカウントの後、「すみません。もう一つだけ大事な人への感謝の言葉をこの場をお借りして言わせて下さい」と切り出した。
「1月25日午前7時15分、28年間連れ添った、わが妻・マサミがガンのため、天国へ旅立ちました。マサミ〜、ありがとう!」と最後に天に向かって叫んだ。

 バックステージに引き上げてからも「引退を決意した一つの理由に妻の死がありました。(新日との)契約が終わる6日前のことでした。
ダブルショックで、そのためにも第二の人生をと、きっちり決断しました」と明かすと、
「マシンは今日で消えます。ありがとうございました」と頭を下げ、40年のリング生活に別れを告げた。(中村 健吾)

 ◆スーパー・ストロング・マシン 柔道に打ち込み、1978年5月に新日本プロレス入門。78年8月26日、
長野大会での藤原喜明戦でデビュー。82年、メキシコ遠征へ。83年、カナダ・カルガリーに転戦。84年8月、
覆面レスラー・ストロング・マシンとなり、マシン軍団に。軍団脱退後、スーパー・ストロング・マシンとなり、85年、
カルガリー・ハリケーンズを結成。ジャパン・プロレスを経て、全日本プロレス参戦。87年に新日に復帰。
烈風隊からレイジング・スタッフに加入。00年代も覆面ヘビー級レスラーとして活躍も目、両ヒザなど6度の手術を重ね、
14年4月以降、試合出場は無し。今年4月に引退を発表。183センチ、115キロ。


6/20(水) 0:07配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180619-00000182-sph-fight
引退セレモニーでねぎらわれたスーパー・ストロング・マシン



続きを読む

ギャラリー
  • 【映画監督】さよなら高畑勲さん 宮崎監督9分間涙の弔辞「55年前、あのバス停で…忘れない」
  • 【スノーボード】成田緑夢、スノーボード引退を表明
  • 【日大アメフト】タックルの瞬間、怒鳴った主審 反則フラッグ投げつけた
  • 【松木安太郎】日本は「決定力」以前の問題だよ ビルドアップや守備で決まり事がない。ポジティブな要素が無い。
  • 【炎上】 乃木坂46の生歌が下手すぎる 「なぜ放送した」 視聴者衝撃
  • 【炎上】 乃木坂46の生歌が下手すぎる 「なぜ放送した」 視聴者衝撃
  • 【炎上】 乃木坂46の生歌が下手すぎる 「なぜ放送した」 視聴者衝撃
  • 【炎上】 乃木坂46の生歌が下手すぎる 「なぜ放送した」 視聴者衝撃
  • 【アメフト】有馬隼人、井上コーチは宮川選手に「愛情が残っているという印象を持った」
最新コメント
QRコード
QRコード
メッセージ

相互リンク、RSS募集

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ